激変の世界

変化の原動力は大別して四つある。特に、産業革命以降の技術革新は、人類の活動の範囲とエネルギーを飛躍的に増大させた。

人類の歴史には世界が混沌と秩序を繰り返してきたことが刻まれている。

二つの世界大戦を通して人類は戦争の愚かさを体得した筈だった。しかしながら、米ソ冷戦以降からくも維持されてきた国際秩序は、中国の台頭とロシアのウクライナ侵略によって瓦解の縁にある。

民主主義対専制主義の対立が鮮明となった。恐らく2022年は秩序から混迷への転換点として歴史に刻まれるだろう。

「思考停止の80年」との決別(3)◇ 20240609

「思考停止の80年」との決別(2)◇ 20240506

「思考停止の80年」との決別(1)◇ 20240404

終焉を迎えるバブル経済と資本主義(3)◇ 20240131

終焉を迎えるバブル経済と資本主義(2)◇ 20240122

終焉を迎えるバブル経済と資本主義(1)◇ 20240118

激変の世界→もっと見る